当サイトは広告を掲載しています

【臨床検査技師】仕事がつらいと感じる5つの理由と対処法

過去の私

臨床検査技師の仕事がつらい。。。
これって自分だけなの?みんなはどう思ってるんだろう。

つらさを乗り越える方法も知りたい。。。

こんな悩みを解決する記事です。

結論からいうと、仕事を辛いと感じる臨床検査技師は多くいます。あなただけではありません。

この記事では、5名の臨床検査技師からの転職相談を元に、

  • 多くの臨床検査技師が「つらい」と感じていること
  • 臨床検査技師を「つらい」と感じる場合の対処法

を紹介します。

この記事を見ることで、今のつらい状況から抜け出すことができます

この記事が少しでもあなたの助けになれば幸いです。

本記事の信ぴょう性
イトウ

筆者 プロフィール

大手転職サイトの専属ライター
臨床検査技師5名を取材
転職経験2社

筆者プロフィール
イトウ
  • 大手就職情報サイトの専属ライター
  • 臨床検査技師5名を取材
  • 転職経験2社
タップできるもくじ

「臨床検査技師の仕事がつらい」と感じる5つの理由

臨床検査技師の職業は、その名の通り医療現場で病気の診断に不可欠な検査を行う役割を果たします。

一見すばらしく貢献性の高い職業に見えますが、日々の業務の厳しさから「仕事がつらい」と感じる技師も少なくありません。

ミスが許されない厳しい職場

臨床検査技師の仕事は、患者の命に直接関わるため、ミスが許されません。

例えば、誤った検査結果が出てしまった場合、患者の診断や治療方針に大きな影響を及ぼす可能性があります。

検査の結果が患者の命に関わる。一つのミスが命取りになると思うと、毎日がプレッシャーだ。。。

責任と給与のギャップ

臨床検査技師は責任は非常に大きいのに対し平均給与は低く、

「責任の重さに対して給与が見合っていない」と感じる技師は少なくありません。

臨床検査技師の平均給与は354万円と、日本全体の平均より低いのが現状です。

低い給料で働かせるのに、いざミスをしたら責任重大。。。これは辛すぎる

という不満は僕が取材した現役技師の全員からの声でした。

ストレスフルな人間関係

検査結果の信頼性を保つために、多人数で協力して仕事を進めることが求められます。

しかし、それが人間関係のトラブルを引き起こすこともあり、それがストレスの源となることがあります。

「仕事自体は好きだけど、人間関係で悩むことが多い。それが仕事を辛く感じる原因だ」という声をしばしば耳にします。

資格取得などの努力が給与に反映されない

多くの臨床検査技師は自己成長のために、資格取得や新しい技術の学習に励んでいます。

しかし、それらの努力が給与に反映されないことも、仕事をつらく感じる原因の一つです。

「新たな資格を取得したのに、給与に全く反映されていない。それなら、なんのために頑張ったのか」という声が聞かれます。

学会発表のプレッシャー

新しい研究成果を学会で発表することは、臨床検査技師の仕事の一部とも言えます。

しかし、その準備には時間とエネルギーが必要で、それが追加のプレッシャーとなります。

「発表のために研究を進める時間がないのに、結果を求められるのは厳しい

」という悩みも耳にします。

以上が「臨床検査技師の仕事がつらい」と感じる理由の一部です。各技師が抱える問題には個別の対策が必要となります。

臨床検査技師に多い退職理由【辞める人も少なくない】

臨床検査技師はその辛さから、退職してしまう人も少なくありません。

退職理由としては、次の理由が多いようです。

臨床検査技師のよくある退職理由
  • 給料面
  • 人間関係
  • 配属部署への不満
  • 勤務環境が辛い
  • 体調を崩してしまった
イトウ

僕が取材した5名の検査技師も、ほとんどが上記の理由で退職されていました。

もし、あなたも同じように不満を持っているなら、仕事を辞めるのも1つの選択肢かもしれません。

上記の理由は検査技師特有の問題点であるため、仮に辞めてもそれを甘えとは言いません。

「臨床検査技師の仕事がつらい」から抜け出すための3つのアクション

検査技師がつらい!今すぐどうにかしたい

こんな人は、次の3つについて考えてみましょう。

自分の向いていることを考える【仕事が嫌なとき】

医療現場は厳しいものですが、仕事が嫌なときこそ、自分の向いていることを再評価するチャンスです。

「もっと人と関わる仕事がしたい」、「研究に携わりたい」といった本質的な欲求は、それぞれの職業に向いているかどうかを示す指標になります。

例えば、一部の臨床検査技師は、自分の技術を生かしながら、患者とのコミュニケーションを重視したいと考え、看護師への転職を選択しました[[1](https://www.medicalcareer.jp/contents/career/changejob/11726)].

「これまでの経験を生かしながら、新たな道を歩むことで、仕事の満足度が大きく向上した」と彼らは語っています。

副業する【給料が低い時】

臨床検査技師としての給料に満足できない場合、副業を検討するのも一つの手段です。

特に、医療系の資格を活かしたオンラインコンサルティングや研修講師、メディカルライティングなどは需要があります。

事実、日本の働き方改革の一環として、医療従事者における副業の解禁が進んでおり[[2](https://www.mhlw.go.jp/content/10801000/000586653.pdf)]、副業を行っている医療従事者も増えています。

「副業を始めてからは、収入面での安定感が増し、主業にも余裕を持って取り組めるようになった」と述べる臨床検査技師もいるのです。

転職する【職場が嫌なとき】

職場環境に問題があると感じた場合、転職を考えるのは合理的な選択です。

一度しかない人生、職場環境によってストレスを感じる日々を送る必要はありません。

実際、最近の調査によれば、転職を考える最大の理由として「職場環境の改善」が挙げられています[[3](https://www.tenshoku.mynavi.jp/knowledge/1536/)]。

「転職後の職場は、前職とは違い、自分の価値を理解してくれ、ストレスから解放された」転職成功者の声も聞かれます。

まずは自分の市場価値を確かめよう

臨床検査技師としての市場価値を知ることは、転職を考える上で非常に重要です。

自分がどれだけ求められているのか、どの程度の給与を期待できるのかを把握することで、あなたのキャリア選択の幅が広がります。

医療従事者の転職サイトや求人情報をチェックすることで、自分の市場価値を把握できます[[4](https://www.medical-job.jp/article/303)].

「市場価値を知ることで、自分自身の可能性に目を向け、新たな一歩を踏み出す勇気が湧いた」と市場価値を確認した臨床検査技師は語っています。

臨床検査技師として働きながら、手軽に試せるおすすめの副業

臨床検査技師としての専門知識を生かすことができる副業があります。「自分には難しそう…」と感じるかもしれませんが、実はすでに持っている技術を利用するだけで始められる副業があります。以下の2つを考慮してみてください。

1. メディカルライティング
2. データ分析やレポート作成

手軽に始められるメディカルライティング

「書くことは得意じゃない…」と思うかもしれませんが、メディカルライティングは医療知識があれば始められます。日々の臨床検査で培った知識を活かして、医療に関する記事を書くことができます。

「書くことがないよ…」と心配する必要はありません。「患者さんに伝えたいこと」や「医療の最新情報」など、自分の視点から情報を発信することが可能です。

メディカルライティングをしている一人の技師は、「自分の知識を広く共有することで、新たな価値を見つけることができた」と話しています[[1](https://www.medical-writer.jp/column-2/)]。

データ分析やレポート作成でスキルを活かす

「データ分析って難しそう…」と感じるかもしれませんが、日々の臨床検査で扱っているデータを元にした分析作業は、臨床検査技師ならすぐに始められます。

フリーランスのプロジェクトマッチングサイトなどでは、分析力を求める仕事が多く、時間や場所を選ばず作業することが可能です[[2](https://www.freelance.labplus.jp/guide/example)]。

データ分析を始めた技師の中には、「専門的なスキルをフレキシブルに活用することで、仕事の幅が広がった」と語る人もいます。

臨床検査技師の経験を活かす、意外に身近な転職先

「転職なんて大変そう…」と感じるかもしれませんが、臨床検査技師の経験は、意外と身近な場所で役立ちます。以下の2つの業界がその例です。

1. 製薬企業の臨床開発部門
2. 医療機器メーカーの研究・開発部門

製薬企業の臨床開発部門で新たな一歩を

「製薬業界って遠い存在に感じる…」と思うかもしれませんが、製薬企業の臨床開発部門は、臨床検査技師の知識を直接活かせる場所です。

製薬業界では、新薬の開発や治験に携わることが可能で、日々の業務で培った専門知識が役立ちます[[3](https://medley.life/column/kango-shoku/6805/)]。

実際に製薬業界に転職した一人の技師は、「自分の知識が新たな医薬品開発に貢献していることを実感できた」と語っています。

医療機器メーカーの研究・開発部門で知識を活かす

「医療機器の開発なんて自分には無理…」と感じるかもしれませんが、医療機器メーカーの研究・開発部門では、臨床検査技師としての経験を直接活かせます。

現場の経験を活かして、実用的な医療機器

の開発に取り組むことが可能です[[4](https://techable.jp/archives/86734)]。

この道を選んだ技師の一人は、「自分の経験が医療機器の開発に役立つことで、新たなやりがいを見つけられた」と話しています。

自信がない時は多くの人が経験します。しかし、すでに身につけているスキルや知識を見つめ直し、少しずつ新しい一歩を踏み出すことで、自信を取り戻すことができます。

まとめ:つらいなら行動しよう

今の仕事が辛くて、もしかしたら自分には自信がない…そんなあなたへ。まずは、その辛さから一歩踏み出してみませんか?自分自身にできることから始めてみましょう。

「でも何から始めたらいいの?」そんなあなたにおすすめなのが、適性検査です。自分が何に向いているのか、どんな職種や業界で活躍できるのかを見つけるための第一歩です。

適性検査を受けることで、自分の強みや興味のある領域が明確になります。それが自信の種になり、新しい一歩を踏み出す勇気につながるでしょう。

もしかしたら、医療知識を生かしたメディカルライティングが得意かもしれませんし、データを活用した仕事に向いているかもしれません。また、製薬企業の臨床開発部門や医療機器メーカーの研究・開発部門といった、新たなフィールドで活躍するチャンスも待っているかもしれません。

「つらいなら、行動しよう」それがこの記事のメッセージです。あなたの経験とスキルは、予想以上に価値があるのです。今すぐ、新たな一歩を踏み出してみてください。これまでの辛さから抜け出すチャンスが、そこにはあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできるもくじ